×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘルパー転職ガイド


転職について

転職に強い資格を得ておくと、急な場合にも心配しなくて済みますね。そのような資格には例えば、TOEICがあります。TOEICとは、自分の英語力を証明する資格のことを言います。グローバル化が進行している今日、一定の基準を満たす英語力を有する人材をどのような業界でも英語力の高い人材を求めているので、転職する場合にとても有利な資格だといえます。

転職の時、どのようなことを心がけたら給料がアップするのでしょうか。これまで経験した仕事や得意とすること、今後のスキルアップについての展望などを具体化して就職先の企業に魅力を伝えるようにすることです。相手側を説得できるだけのPRができるようなら、給料アップも容易いでしょう。大学を卒業される方が就活を始める時期については、いくら遅くても大学3年の後期から始めるべきです。まだ就職に至っていない方は、早く就職先が決まるように、応募しようと決めた会社が求人を募集した時から

大手企業に転職をして、仕事をすることになった場合、給料がアップすることが多いですが、一番違いが出るのは中小企業のケースだと、ボーナスが小額だったり、業績によってはボーナスが出ないこともあります。給料が同じ40万円だったとしても、ボーナスが無い場合は年収480万円となりますが、年二回のボーナスがあるのであれば、年収にそれだけの差が出てくることになります。転職するときの履歴書に、前職の会社名や勤務年数などのシンプルな経歴を記入するだけでは、採用試験を受ける企業の人事の人にこれまで行ってきた仕事をわかってもらうことはできません。どんな成果が上がったのかや技術を身につけたなどの説明を加えることで、人事の人の目に留まりやすくなります。大手の企業に転職をすれば、給料はアップするのでしょうか?基本的には、収入が増えるので、お給料にこだわるのなら転職の際に大手企業を目指した方が良いでしょう。大企業では年収700万円以上もそれほど珍しいことではありません。年収が1000万円ほどの人もいるため、明らかに中小企業に比べ、給料が高いといえます。

前職と違う業種に転職する人もいますから、いろいろやってみればできます。ただ、その時は覚悟しなくてはいけません。場合によっては、なかなか決まらず、長期間、転職活動することになるかもしれません。20代なら吸収も早いため、未経験者でも採用されるケースが多いですが、30代の場合、20代と比べると仕事を覚える速度が遅くなるので、採用されにくいでしょう。

都道府県一覧

ページのトップへ戻る